読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄に必要なざい"りょうは?"

6期生の北川綾巴を中心にSKE48を応援するブログです。

ベストアーティスト、Mステ

 

ここ最近のテレビ出演、24日火曜日のベストアーティストや、27日金曜日のミュージックステーションなどについて。

 

ベストアーティスト2015出演

24日火曜日はベストアーティスト2015に出演。

「前のめり」をKABA.ちゃんクリス松村との謎のコラボで披露。

 

 

 

 

綾巴はこのパフォーマンスで思うことがあったらしく、翌日更新のアメブロを読んでみると、

 

 

ベストアーティストちゃんと
見てくださった方がほとんどで
嬉しい限りです。

ベストアーティストの会場は若い女性のお客さんがたくさんで、
踊ってる時とかにたくさん目が合ったんですけどりょうはの事知らないんだろうなあ。って。

誰だろう。。。って思われてるんだもんな~。って思うと悲しかった。笑

そりゃあそうだよな~。

もっともっと知名度を上げなきゃ。
と思わされた一日でもありました。


私は

北川綾巴ですーーーーーー!!!

覚えて~!笑


ってあの大きな会場で言いたくなりました。笑

 (*´っω・。`綾*)巴♪ラブ クレッシェンド|SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

 

高橋チーム4のレッスンも本格化し、AKB兼任メンバーとして頑張る決意も固まり始めたこの時期だからこその実感ではなかろうか。

切実なる心の叫びである。しかし、これを叫び続けながらがむしゃらに兼任期を全うすることができたなら、来年末にはもしかしたら、という期待。

綾巴ファンとしては、やはりこれからの一年、一挙一動が見逃せない期間になりそうだ。

 

 

 

 

そんな中届いたSKEの紅白落選の知らせ。

それでも、綾巴の気持ちは前を向いていた。

 


f:id:pa39krytmy:20151129235458j:image

 

 

明日は明日の風が吹く」この言葉に、来年の紅白の舞台が思い浮かべられた。その想像の中で、綾巴がどの位置に居たかは、わざわざ書く必要もありますまい。

私の勝手な夢ではあるが、これからの一年は、そんな夢を見てもおかしくないだろうと思わせるような、そんな躍進の年に、きっとなる。

 

SKE48の新しい一歩。

たくさんのひとにSKEの事を
もっともっと知ってもらいたい。


強く思います。


自分にできることを

一つ一つ。

確実に

やっていきたたいと思います。

 

 

 

 

 

ミュージックステーション出演

27日金曜はラブ・クレッシェンドでMステに出演。

 


f:id:pa39krytmy:20151129235325j:image

 

出演後のあらゆる更新で「幸せだった」と書いていた綾巴。表情もイキイキとして、とてもいいパフォーマンスが出来ていたように思う。世間にしっかりアピールできたのではないだろうか。

 

 


f:id:pa39krytmy:20151129235253j:image

 

新衣装も可愛かった。

 ひとりだけパンツスタイルの綾巴、民族衣装感ある。

 

 

今日はラブクレッシェンドで
Mステに出演させていただきました。

いつもは大人数だけど
今回は7人。。。

その分リハーサルから
緊張、、、。

『またSKEに出て欲しい!』
って思っていただけるような
パフォーマンスをしなきゃ!

とか

『SKEの事を少しでも覚えてもらいたい!!』

と、意気込んでパフォーマンスできたんじゃないかな?と思います。

このMステを見て、
一人でも多くの方が

SKE48』の事。

『ラブクレッシェンド』の事。

北川綾巴』の事。

を知っていただけたら
嬉しいです。

 (*´っω・。`綾*)巴♪綾巴です北川です綾巴です。|SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

 

ブログタイトル「綾巴です北川です綾巴です。」からもうどんな意気込みで臨んでいたかがよくわかる。この気持ちがもっともっと色んな人に伝わるといい。

 

 

 


f:id:pa39krytmy:20151129235432j:image

 

 

 

 

 

この土日のリクエストアワー、シングルアルバム曲の2位が「12月のカンガルー」で、1位が「夕立の前」だった。

このタイミングでこれらの曲がこの順位、綾巴推しとして、そしていつかまた北川宮前でのダブルセンターを望んでやまない身として、なにより6期ファンとして、これほど感慨深いことはない。

綾巴はすっかり力尽きたらしく、この土日については明日アメブロに書いてくれるようなので、それを踏まえて私も改めて書きたいと思う。