読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄に必要なざい"りょうは?"

6期生の北川綾巴を中心にSKE48を応援するブログです。

第7回選抜総選挙について

ディレクターズカット後半を見て

昨日ディレクターズカット版の感想を書いたが、後半の総選挙のシーンで今年の総選挙のこと思い出し、綾巴の総選挙について改めて書きたいと思ったので、この機会に書いてみようと思う。

6月6日博多で開催された第7回選抜総選挙、珠理奈の宣言通り、SKEのメンバーが最多ランクインし、48グループ第一党になったのも記憶に新しい。

 

 

勝負の総選挙

総選挙が発表された時期、綾巴はモバメでこんなことを言っていた。

「今年の総選挙は勝負だと思う」

「この一年がりょうはのアイドル人生で勝負の一年」

「はっきり言ってりょうははアイドルを辞めたあと芸能界に残るつもりはない。だからこそこのアイドル人生を最高のものにしたい」

 

本気なんだということが緊々と伝わってきた。

 

前回、前々回と圏外で悔しい思いをしてきた綾巴。

前回は速報で78位にランクインしていたのだが、当日名前を呼ばれることはなかった。

 

瑠華の14年6月7日の公式ブログによると、

「楽屋で目が真っ赤になるくらい泣いていた」

「車の中でもずっと泣いていた」

 

昨年もSKEの選抜等、活躍してきた一年だっただけに、相当悔しかったのだろう。

 

 

14年6月8日の綾巴のぐぐたすを全文引用する。

総選挙おわりました。

まず最初にみなさん。
りょうはに投票してくださった方。
ありがとうございます。そして
ごめんなさい。まだまだ努力がたらなかった
みたいです。

最後まで呼ばれますようにって諦めずに
お祈りして最後まで信じてたんですけどダメでした。

速報で78位をいただけただけで
りょうはは十分です。
十分すぎるプレゼントです。

これまでたくさんのチャンスをいただいているのに
そのチャンスをものにできずに
時間だけが過ぎていきました。

まだついていくのに必死です。

こんな私がランクインしたいなんて
言ってる場合じゃないですよね。
本当にごめんなさい。

神様がりょうはに
まだまだだー!
がんばりがたらないぞー!って
言ってる気がします。

りょうははがんばるのみです。

りょうはに1票でもいれてくれた方。
本当に本当にありがとうございます。

りょうはのことを応援してくださる方が一人でもいるならりょうははなんども立ち上がって頑張れます。いつもりょうはの事を支えてくれて、
応援してくれて、ありがとうございます。

りょうはは前向きです!
いつまでもくよくよしたって時間の無駄!
気持ちを切り替えて今日から新しい自分になります

変わらなきゃ!

もっともっと努力します。
努力は必ず報われる。たかみなさんの言葉を信じて真っ直ぐ前をみて突き進んでいきます。

みなさん。たくさんの愛を。
ありがとうございます。

りょうはは幸せ者です。

みなさんがだいすきです!

 

 おそらく泣きはらした後に書いただろうこの文章はすでに未来を見ている。

 

綾巴はいつでも、真剣に悩んで、落ち込んで、たくさん泣いて、その後にはしっかりと前を向く。

困難に真っ向からぶつかって、そして打ち克つ強さを持っている。

 

 

「変わらなきゃ!」その思いで努力を重ねてきた一年。

綾巴はセンターに抜擢された。今年の総選挙は、SKEのセンター経験者として臨むことになったのだ。

 

「ランクインしたいというより、しなきゃいけない」

「形として結果に残さなければならない」

今年の総選挙はSKE48北川綾巴にとってまさに勝負の総選挙だったのである。

 

立候補

そうして発表された今年の総選挙。

 

今年の総選挙。
立候補させていただきます。

やっぱり去年は凄く悔しかったし
この一年。悔しさをバネにやってきました。



ファンのみなさんに負担をかけてしまう。って考えると本当に悩みました。

こうして順位が出て。
何位。何位。って突き止められるのも
正直、苦しいし。怖いけど

やっぱりランクインしたいです。





この一年
たくさんのチャンスをいただきました

センターをやらせていただいたり
舞台に出演させていただいたり

くじけそうになった時もたくさん
あったけど、みなさんがいたから頑張れました。





自分がやってきた事が正しかったのか?
なんてわかりません。




だからこそ、





ランクインして、自分が信じてやってきた道は正したかったんだ。って

自分の中で答え合わせがしたい。

(*´っω・。`綾*)巴♪総選挙について。|SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

「自分の中で答え合わせがしたい」

これは綾巴の好きな、そして政見放送でも言っていた言葉、

「自分の夢にだけは素直でいたいんだ」

に通ずると思っている。

 

綾巴の夢は「SKE48のセンターになること」

すでに叶ってしまった夢のようだが、センターに選ばれることと、センターになることは必ずしも一致しない。

胸を張ってSKEのセンターになれるよう、その答え合わせをしなければならないのが今回の総選挙だった。

 

速報

速報の順位ははっきり言って良くなかった。

73位、昨年よりは少し上がったが、目標とする16位には程遠い。

 

発表時の表情も曇っていた。

同期の熊崎晴香(速報53位)や日高優月(速報49位)、鎌田菜月(速報33位)の躍進もプレッシャーになっただろう。

それにしてもこの順位では不安を感じるのも無理はない。

 

モバメでも悔しさを顕にしていた。

そして、「みなさん謝らないでください」の言葉がただただ辛かった。

 

 

総選挙直前になって、綾巴からまた長文のモバメが届いた。

「ランクインするのが難しい状況にいることをわかっている」

「他の子よりファンの方が少ないことも」

 

こんなことを綾巴に言わせてしまうのが本当に悔しくて、情けなかった。

 

「みんなで笑おうね」

綾巴のこの言葉が心の中でいつまでも響いていた。

 

答え合わせ

開票の朝は、それまで降っていた雨も止み、雲の間から日の光も差し込んでいた。

結果はというと、快晴とはいかないが、とりあえず曇りは晴れたか、という順位。

 

f:id:pa39krytmy:20151001182501j:plain

 

66位。

名前が呼ばれた瞬間の安堵の表情。

 

「また、SKEのセンターになれるように、絶対にセンターに戻って来れるように頑張ります」

壇上で宣言したこの瞬間から、ここからようやく始まった。やっとスタートラインに立てた。

 

選挙後のブログにはこう綴られている。

前回の総選挙から今回の総選挙までの間はランクインを目指して
ずっとやってきました。

49の舞台のWヒロインや
12月のカンガルーのセンター。
AKBの選抜やカップリング。
他、たくさんのお仕事をさせていただいて。

これ以上ファンのみなさんに
いい報告ができる年があるのかな?って


公演でもたくさんの方に
褒めていただいたり

この一年成長したねって
言っていただけた事がたくさんあったんですけど。


まだまだ努力が足らなかったのかな?って思います。


でもこの一年で後悔したこと
悔いが残ってることは
前回の総選挙よりはありません


だからこの順位で
呼ばれて本当に嬉しいです。

嬉しいけど
悔しいって

思います。

 

66位。


本当に感謝しています。



でも。
こんなんで満足している
自分じゃダメだと思うので

これから更に
気合を入れていきたいと思います。

 (*´っω・。`綾*)巴♪66位。|SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

 「嬉しいけど悔しい」

この言葉は、ファンが一番聞きたかった言葉なんじゃないか。

正直、66位という順位は、それがこの一年綾巴がやってきたことの答えなのだとすれば、あまりに残酷すぎる。

 

とりあえずランクインしたことには安心、しかしこの順位で満足していてはダメだ。

思うこと、感じること。
もっともっとたくさんあるけど

胸にそっとしまっておきます。

もっと上を目指して、綾巴は気持ちをごまかさず、愚直にも悩み、日々考えている。

また前を向くために。

 

 

 

雑誌のインタビューで、

「何をしていても総選挙での悔しさが、いつも心の片隅にある」

と語っている綾巴。

 

そんな悔しさを払拭し、堂々とSKEのセンターへ返り咲けるように。

本当の意味でのSKEのセンターになれるように。

 

もう綾巴に「私の力不足で」なんて言わせないように…

 

 

僕たちファンができることはなにか、綾巴に負けないくらい真剣に考えていこうと思う。

来年は悔いなくみんなで笑いたい。